ご挨拶

新型コロナ感染拡大による景気への影響は、業種業態の中でも勝ち組負け組がまだらに発生しているという特徴がある。

この過酷な環境の中で経営を存続させていくために必要な活動は、機動的な資金調達であることは間違いがない。

そして、現在の金利水準を基に各種資金調達をコストで比較すると、金融機関から借入という形で調達する方が圧倒的に安い。

よって、経営者は金融機関ともっと有効な関係を築くべきであることは間違いない。

しかし、金融機関と理想の関係の定義を知り、実現できている経営者は少ない。

また、金融機関が企業や経営者と理想の関係の定義や実現方法について語ることもない。

ならば、それを知る当編集部が企業と金融機関の理想の関係の定義、指標、評価基準を明らかにして、健全な資本政策の実現を後押ししていきたいと考えている。

資金調達の神様編集長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。